医療レーザー脱毛を開始する最適の季節は?

秋か冬にスタートする

18歳になり、待ちに待ったレーザー脱毛ができるようになり、スタートといきたいところですが、開始する季節は秋か冬が望ましいのです。レーザー脱毛では、黒に反応して熱を生む光を使っています。渋谷の医療機関では、毛根以外にダメージを及ぼしずらいレーザー装置を使っているところがほとんどですが、日焼けした肌だと、メラニン色素が多いため、肌にも発熱し、痛みも生じますし、やけども起こりやすくなります。肌は白ければ白いほどいいのです。

レーザー照射後の紫外線は厳禁

医療レーザー脱毛を始めるなら、夏の日焼けを極力防いで、その後の秋か冬にスタートさせることですね。晩秋から冬にかけては、紫外線の量が非常に少ない時期です。肌を白いままに保ち、レーザー照射後の肌も守りやすくなります。レーザー照射後の肌というのは、非常に傷つきやすい状態なので、紫外線は厳禁です。日が落ちてから施術を受けたほうがいいでしょう。夏の日中だと厳しいですね。日傘をさして、日陰を歩くなどの気遣いが大事です。

日焼けで脱毛効果も低くなる

日焼けした肌にレーザー照射をする場合、やけどを起こす可能性が高いため、レーザーの出力は下げて照射せざるを得なくなります。当然、毛根の再生能力を奪うことは難しくなります。弱いダメージしかもたらせなくなるからです。施術に通う約2年間は、通年で肌を色白に保っておかなくてはなりません。2年間と言っても、1年後くらいには自己処理がいらなくなる人が多いようです。肌を露出したくなるところでしょうが、施術完了までは辛抱です。

渋谷医療脱毛の施術にチャレンジをするうえで、優秀な医師のカウンセリングを受けることがポイントと言えます。